tumblr

about me | archive
 | 

2015-04-27

[]tumblr 創世記 その七 アドベントカレンダー編 ( 2010年、アドベントカレンダー・カンブリア大爆発はあったのか? の巻 ) 17:20

https://i.gyazo.com/05f2f8cdf4cb60991e5727f33c265fe5.png

(via https://gist.github.com/masui/8432382 )



さて、ここからアドベントカレンダーは年を追う毎に急速に普及していきます。そしていよいよ RAC(Reblog Advent Calend*e*r) へと繋っていくわけですが、

さて、いよいよ、RAC の登場。が、その前に、アドベントカレンダーが一般化するまでの流れを追ってみる。


Shibuya PM #10

JPerl AC 2008 今みたいに twitter の上では全然話題になっていない。つまり SNS を介してじゃなくて直接的な繋りから始まってる。2008/11月に Shibuya.pm と Yokohama.pm とかが開催されているので、そのあたりが発端になってるんじゃないかと思ってる。


JPerl AC 2008

CodeRepos の レポジトリに直に HTML ドキュメントをアップしていたのが log からわかる。

少しずつ改善を進めていった様子が伺える。


ATND の開始

2008/9/1 にスタートしたぽい


JPerl AC 2009

JPerl AC 2009 ではいよいよ ATND が使われる。参加申し込みは ATND で、記事の集約はそれまで通り CodeRepos だった。

一転、 JPerl AC 2009 では twitter の上で話題にあがるようになる。いよいよ SNS が中心となる世界の到来だ。これには ATND の誕生の影響があったと考えられる。

今回から git が使われるようになった。さらに、 Perl Module Advent Calendar の作法に則り、アドベントカレンダーの発行が自動化された。

今回はトラックが二つに別れた事の他にDBIx::SkinnyとData::Modelのトラックが出来てるのに気づくかと思います。

これは、本来予定されていたものでは無くて、今回のJPerl Advent Calendar 2009は結構便利に書ける仕組みだったので、便乗して開始したといういきさつです。

Advent Calendar書く為の準備をする必要が特にないので参入障壁が低いと言う事ですね。

何が言いたいかというと、もし何かのテーマでPerl Advent Calendarをやってみたい!って人は気軽に始めると良いですよ。という事。

$ git clone http://git.coderepos.org/share/websites/jperl-advent-calendar-2009.git/
$ cd jperl-advent-calendar-2009
$ cp -r data/data-model data/anatano-track
# data/anatano-track の中のファイルを諸々書き換える
# s/data-model/anatano-track/ みたいな事とか
# trackの名前変えたりとか
$ $EDITOR data/anatano-track/\d+.txt して、内容書く
$ git add data/anatano-track
# 必要だったら .nim とか data/index.html とか data/base.html も追加しとくと良いよ
$ git push

こんだけで http://perl-users.jp/articles/advent-calendar/2009/anatano-track/ が出来るんで楽ですね!

本当は今回GitHub Pagesを使うとかいう話があったんですが、コラボレータ追加作業が面倒という事で特に手間がないCodeRepos使うと言う話になった。

git.coderepos.org への投稿するための準備

~/.netrc に以下のように書いてください。あとは通常の git とおなじです。

machine git.coderepos.org
login YOURID
password YOURPASSWORD

投稿方法

git clone http://git.coderepos.org/share/websites/jperl-advent-calendar-2009.git/
cd jperl-advent-calendar-2009/
git submodule init
git submodule update

# nim (HTML生成ツール)の依存モジュールをインストール
cd extlib/nim
perl Makefile.PL
make installdeps
cd ../../

# 他のファイルをみながら data/xx.txt を編集する

# HTML を生成する
./extlib/nim/bin/nim

# サーバーに反映する
git commit -a
git push origin master

cron で自動的に perl-users.jp に反映されます。

トラックの作成が簡単にな出来ることからアドベントカレンダーの細分化が進み、戦線の拡大とそれに対する補給線の相対的な能力低下を招き、結局 JPerl Advent Calendar はその進化の系譜からは消えてしまうこととなる。


JPerl AC 2008 ~ 2013

Ruby AC 2009

2009年、いくつかの AC が ATND の上でスタートする。

Ruby AC 2009 から、それぞれの当番がコメント欄に記事を掲載する形となる。ATND だけで AC が完結するようになり、このとき始めて AC が一般化されたと言える


JavaScript AC 2010

2010/12月に JS AC 2010 がスタートする。

実に興味深いやりとりがされている。どこにブログを書くのか? という問い。つまり JPerl のように、どこかのリポジトリにアップするという形式がデフォルトだったわけだ。

https://twitter.com/hasegawayosuke/status/9904089680842752

JS Advent Calendar は各自がブログに書くだけで、index ページはないの? ブログのアドレス分かんない人が書いても追いかけられない。

https://twitter.com/edvakf/status/9911279338659840

JavaScript Advent Calender 2010 を JavaScript にしたよ。https://gist.github.com/723275.txt どっかに一覧表示したい人は勝手に取得して使ってね。

JS AC 2010 では、記事一覧は gist.github.com で JSON として集約された。


reblog advent calend*e*r 2010

いよいよ RAC の登場です。

スミマセン。ただのパクリです :-P

この二つに感化されて、無謀にも RAC はスタートした。

覆水盆に返らず ReblogTumblrに帰る http://reblogadventcalender2010.tumblr.com/(注:現存せず)

http://i.gyazo.com/9fb39514d7022917a1254c3d5f33b683.png

JavaScript Advent Calendar の JSON に帰結するヤツに感化されて、RAC 2010 では、それぞれの post は tumblr に集約された。

tumblristaたちに25日も続けるだけのまとまりがあるものかと思ったけど意外と続くからtumblrの調子が悪くなった

というコメントを残すほどに、意外なことにそれは完走した。そして、2014年、5周年を迎えることとなった。

 |