Hatena::Grouptumblr

tumblr365n2 RSSフィード

2008.01.18

アスキーアートは「無断転載」の救世主たりうるか?

はてなブックマーク - アスキーアートは「無断転載」の救世主たりうるか? - tumblr365n2 アスキーアートは「無断転載」の救世主たりうるか? - tumblr365n2 のブックマークコメント

ネタ」にマジレス

うっかり権利関係が怪しい画像のポストをすると、それを自動的にアスキーアートに変換してテキストとしてポストされるようにしてくだちい。

逃げ場 - GreaseMonkey作者さんにお願い(ネタ)

2ちゃんを初めとしてネット上で大量に流通しているアスキーアートですが、潜在的にデリケートな問題を抱えてまして、その置かれているポジションは決して安泰というわけではありません。

以下「アスキーアート」をAAと表記します。

これまでにAAという手法に対して法的判断が下された事例があまり(或いは全く?)見られないために、なんとなく「著作権的にセーフ」という理解がまかり通っているように思われるのですが、もし何か一つそのようなアクションが一旦起こされることになれば、ネット上で出回っているAAに関して、全てが問題なしと認められるか、全てがだめになってしまうかのオール・オア・ナッシングの不安定な状況下にあるのではないかと考えています。とくに2ちゃんねる等で大量に流通する、アニメやコミックのキャラクターを「模写(=トレース)」して制作されたAAに関しては致命的な結果をもたらしかねないでしょう。

余談ながら、Tumblrの「無断転載」の件で問題とされている「絵師」によるイラストレーションに関しても、このような画像を「トレース」して制作されたAAもある程度出回っていることも付記しておきます。まずこれらの大半は作者の許可の元で制作されたものではないでしょう。*1

手短にいえば、AAも同じく爆弾を抱えているということです。この、画像の代用としてのアスキーアート利用というアイデアは、結局のところは地獄の道行きの同行者が増えるだけの話だと自分は考えます。

なお、一口にAAと言ってもいろいろあるわけですが、大雑把に言えば以下の2パターンかと思います。

  1. 文字のグリフ(≒字形)を活用して絵を描く、「線画タイプ」のもの
  2. 文字の濃淡(字画の多い文字が濃で少ない文字が淡)で表現される「ドット絵」のようなタイプのもの

前者については、AA制作者が手作業で制作しているものがほとんどで、自動変換でのAA制作は実用的ではありません。専用のソフトを起動してボタンぽちっとなで作成できるという性格のものではありません。*2

自動変換での作成となると自ずから後者ということになると思います。1文字が画像の1ピクセルのようなものですので、解像度は低くなる上にサイズ(面積)もかなりのものになってしまいます。

*1:また出典に対する言及やリンクによる誘導はなされないのが通常。

*2:「オートトレーサー」と呼ばれるソフトウエアが発表されていますが、これによるAAは一般に完成度が低く、事後にやはり手作業による調整作業が必要になります。それでも場合によっては「荒らしのコピペ」並みの扱いになる事例があるように思われます。

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。